lenshair

記事一覧(47)

レンズ ヘア カット アカデミー

はじめに、このブログは僕がpeek-a-boo時代から今まで30年以上、全国、海外でのカットセミナーをさせて頂いた中でどうしたらもっと良く理解して頂けるか?どうすれば上達する手助けになるのか?を考え、ある答えが自分の中で見えてきたのでヘアカットを愛するすべての皆様のご参考になればと思い書いています。是非参考にしてみて下さい!!フェイスブックもやっていますので友達申請して下さい。いろいろ情報交換をして行きましょう。今日は第1火曜日レンズ ヘア カット アカデミーでした。今回のスタイルは2つのボブから作るグラデーションスタイルでした。バックとサイドをワンレングスてカットしバックのネープのセクションから縦スライスてレイヤーを入れ次のセクションからはグラデーションに変更してバックに奥行きを作ります。次は斜めスライスで頭の次の丸みに合わせたシェープを入れていきます。この時もネープのセクションはレイヤーカットでのチェック2線目からはグラデーションでのチェックを入れ平面のカットラインからみつエリにかけて窪ませます。次はバックの生え際と平行のセクションでサイドからバックにシェープを入れ髪の馴染みが良くなるようにカットします。このまでの工程で縦スライスでのシェープで縦の奥行きを作り斜めスライスでのシェープでみつエリからの窪みを作りさらに生え際と平行のシェープでサイドから手櫛を入れた時の髪の馴染みも良くなりお客様がどうシェープしても立体感のあるスタイルが出来上がります。色々なシェープを的確に使い偶然のシェープにも絶えず立体感のあるスタイルを作る事が可能になります。そのお客様に似合うスタイルを見つけられる感性!そのスタイルを表現する為の正しい理論と正確なテクニック。正確なテクニックに必要な身体の向きや立ち位置!さらにしっかりと髪を引き出せるシェープ!正確なテクニックには反復した練習が必要で似合うスタイルを見つけられるにはいろんなものに触れアイデアが浮かぶような時間もまた必要です。感性とテクニックの両方が揃って初めて喜んでいただけるヘアスタイルが作れるようになると思います!

サイドからカットするグラデーションボブ

はじめに、このブログは僕がpeek-a-boo時代から今まで30年以上、全国、海外でのカットセミナーをさせて頂いた中でどうしたらもっと良く理解して頂けるか?どうすれば上達する手助けになるのか?を考え、ある答えが自分の中で見えてきたのでヘアカットを愛するすべての皆様のご参考になればと思い書いています。是非参考にしてみて下さい!!フェイスブックもやっていますので友達申請して下さい。よろしくお願いします。昨日は静岡で今日は東京でカット講習をさせていただきました!今回のスタイルはサイドからカットするグラデーションボブ!60年代に出来たベーシックのグラデーションボブより更に奥行きがあるバックとバックサイドの締まりが特徴的なのが今回のスタイルになります。サイドからライン設定をしてバックサイドからのグラデーションカットでバックサイドを締めてカットして行きます。この事で前上がりのグラデーションが出来バックに奥行きを作ってくれます。どこからカットするのかを考えどういうスタイルにするかのイメージを持ち整理してからカットすることでより完成度の高いスタイルが出来ます。どこから切る。どこからハサミを入れる。手首の方向は?など細かな所まで全が理論と合致させる事が大切です。